Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://myumyu21.blog.fc2.com/tb.php/115-6fd4a6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おい、デュエルしろyてくださいおねがいします。

おはようございます!ミュレアだよー。


月夜に響くノクターンのお陰でフリゲ熱、再発。おのれノクターンめ・・・。


ということで、ブログとしても中途半端な記事だった「バトルライン」の攻略。イエーイ。

バトルラインってなんぞや?という方は、過去記事を見てよろしく。
→のカテゴリ欄からどぞどぞ。

久々のバトルラインです。
高いフリゲクオリティと、上質なカードゲームステータスを兼ね備えた名作。
考察は大分すんだと思われるので、じわじわ攻略しましょう。



さて、カードゲームの攻略として一番重要なのはやっぱり手札の確保でしょう。回らなければデッキもデッキとしてなりたたず。

過去記事にも書いてあるとおり、バトルラインは毎ターンのドローが2枚なのでよく回ります。ユニットカードとソース系カードが交じるゲームには嬉しい仕様。
ゲームシステムと合わさり、1試合が終わるまでにデッキの半分は消化できます。

遊戯王その他カードと比べ、
・毎ターン1枚=1ドロー効果 ←超強い
・毎ターン2枚=1ドロー効果 ←適度に良い
というバランスを持つ。うん、やっぱりカードゲームは2ドローにするべきだよ。

毎ターン1枚にくらべ需要はさほど大きくはないものの、やはり重要なドロー効果を持つカード。
バトルラインで最も奥深いかもしれない、このユニットの紹介だ。


ばんでぃっと


バンディット
コスト1/戦1/斧
このユニットが自身で中立地帯に移動した時、1枚ドローする。


あらゆるデッキのドローエンジンとなりうるカード。
斧以外の兵種統一デッキですら、2枚積まれる事が多い優秀カードです。
相手の少ない列に布陣することで、大抵中立まで踏み込み1ドローできます。

重要なのはその後で、相手はバンディットと同じ列にユニットを布陣し潰しにかかってきます。
こちらもそれに対抗するように、バンディットの後ろにユニットを布陣・・・とゲームが流れていきます。
将棋やチェスでは必須の、「ヒモ」という技術ですね。

オススメは、撃破時効果のある斧兵を後ろにつけること。
勇気ある尖兵(撃破時1ドロー)、大鎚のハイランダー(撃破時食料+1)、エストリア斧兵(撃破時相手食料-1)などですね。いやらしい。
これだけで、相手は戦術を使うことが結構あったりなかったり。

バンディットさん、戦の火付け役ですね。(名前は「ならずもの」とか「追い剥ぎ」っていう意味なのに・・・www)

もちろん他の剣や槍で中央を取りに行くのも良い。そうしたら「発見された遺跡」の布石にもなる。

遺跡

発見された遺跡
戦術
中立地帯にいる自分ユニットと同じ数分カードをドローする。

バンディット、遺跡は重要なドローカードなので、デッキを組む際には是非集めておきたいカードだ。


今日は基本の基本ということで、ここいらでシメー。
みんなもバトルライン、やろうぜ!

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://myumyu21.blog.fc2.com/tb.php/115-6fd4a6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

プロフィール

ミュレア

Author:ミュレア
ミュレアですよろしく!(*゚▽゚*)
このブログでは、TCG-遊戯王、ヴァンガードなどを中心に話を繰り広げていきます。

ゲームも好き。TVゲームはぼくも御多分にもれずくわしいですからね…(キリッ
ツクールでツクったゲームを置いてあるので、興味あったらプレイしてみてください!お願いします!

スーファミ世代兼スーファミ信仰者。個人的神ゲーは「ルドラの秘宝」。
ついでに自他共に認める東方厨。➈が嫁。

のんびりマイペースに更新しまーす。

最新記事

来客カウンタ!!

チャチャチャチャッチャッチャッチャーン
ブログの えつらんすう が 1上がった!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。