Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T3] まとめtyaiました【今日はフリゲを紹介しよう】

おはようー!ミュレアだよー!みんなー就職活動、頑張ってるかな?私は…半年後からだねー 上手くできるかな~どんなことするか調べとくといいかもだねー昨日登校中、盲目の人と出...
トラックバック URL
http://myumyu21.blog.fc2.com/tb.php/25-5d211946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日はフリゲを紹介しよう!

おはようー!ミュレアだよー!



昨日登校中、盲目の人と出会いました。
盲目って知ってる?目が見えないの。

新横浜の駅で困ってたんですね。
段差に杖をゴツゴツぶつけて動けなくなってました。

マックでバーガー食ってる場合じゃないと思い、すぐさま駆けつけた。
行きたい場所を聞いてみると、横浜アリーナの前だって。…通学路やん。


手を取りながら道案内。
どこにいくのー?と話をしていると、その人、「就職セミナーに行くんだ」って言ってた。
盲目ながら就職…スゲェと思ったね。その志、敬意を表する!

遅刻しちゃうので途中で別れたけど…なんかカッコいい人だったよ
オレも高い志を持つ勇者でありたいな。


みんなは就職活動、頑張ってるかな?
私は…半年後からだねー 上手くできるかな~
どんなことするか調べとくといいかもだねー






今日は雰囲気を少し変えて、フリーゲームの紹介をしようか。カードネタが無くなった訳じゃーないぞ?
フリーゲームってご存知?パソコンで、無料でダウンロード&プレイできるゲームのことさ。

私は小学生のころからフリーゲームが大好き。
いろいろなゲームをやって、面白いもの、微妙なものと見てきました。
その中でもオススメのものがたくさんあるので、みなさんにもやってもらえたらいいな。

数が多いので、今日はRPGを紹介してゆこう。全6作品紹介だ。





1つ目は、「Nepheshel」(ネフェシエル)。
最近2週目プレイ中。ジャンルはRPG。

プレイヤーは冒険者となり、不思議な島の秘密を知るべくダンジョンへと赴く。
ゲームの特徴でもある広大なダンジョンには、謎解き、トラップ、たくさんの隠し部屋(とお宝ザクザク♪)。
そこに加わる絶妙な戦闘バランス、ステキBGM、広がり繋がるダンジョン…主人公は、冒険の先に何を見るのか…。

強制イベントを極力排除した、自由度の高すぎる斬新なゲーム進行も魅力だ。

そのゲームシステムとストーリーから、今もなおユーザーから根強い人気を持つ作品。
ツクール2000で作成されたにもかかわらず、お金取れそうなくらいの作品となっている。





2つ目は、「cresteaju」(クレスティーユ)。初見読めん。
こちらも2週クリア済み。ジャンルはRPG。

ゲームの説明をしたいが…ストーリーを少しでも話すとネタバレになりそうだ。このゲームの魅力はそのストーリーにあるからだ。
主人公ルナンが、個性的な仲間と共に強大な組織、謎の男と戦い、ついには自らの過去と向き合う。と言った感じ。

戦闘は少しシビアで、ザコ敵でも油断すると死ぬ。
普通のRPGとの違いは、マス目状のバトルフィールド。これが攻撃範囲を持つ魔法などに影響するのだ。

陣形を組むことで戦いに有利不利が起きる。上手い陣形を見つけるのが面白いぞ。

道中のキャラ達の会話が楽しく、笑えることも魅力。
より一層このゲームが好きになる、陰ながらの要因の1つである。サブイベントも豊富だ。




3つ目は「月夜に響くノクターンRebirth」。
こないだ2週目クリア。ジャンルはRPG。

主人公レヴィエルは吸血鬼。その為偏屈な考えを持つが、少女ルナと出会うことで少しずつ変わってゆく。
シリアスながらも王道を貫き通すストーリーで、引き込まれるものがある。
(なかなか上手く説明できぬ…)

特筆すべき点は戦闘。ドット絵でキャラたちがヌルヌル動く。それはもうあの「ルドラの秘宝」くらいヌルヌル動く。


そしてゲーバラが素晴らしい。簡単でなく、難しすぎない。
既定レベル以下でボスを倒すことでボーナスアイテムを貰える「Brave Crear Bonus」というのが存在し、燃えさせてくれる。
その為ボス戦はキツめに仕上がっているが、レベルを上げさえすれば楽に撃破は可能。

EXPを好きな能力・技の習得に充てられる「スキルツリーシステム」も魅力。どのようにキャラを育てるか、あなた次第。




4つ目は「りべいす」。正式名称は「Rebellion Istuooll」(リベリオン イストュール)。
ジャンルはシミュレーションRPG。

戦乱の世界。イステュール国王子である主人公レイヴンはさまざまな戦術を駆使し、戦場を駆ける。

マウスクリックのみの簡単操作ながら、奥深い戦闘を味わえる。
陣形や地形の利用、リーダーたちの必殺技、強敵との戦闘…燃える

序盤はサクサクと進めて気分良く楽しめる。だが終盤、途端に難しくなり、20面以降はトラウマの巣窟である。
その分、クリアした時の達成感は計り知れない。少しヘヴィなシミュレーションをプレイしたい方にオススメ。


グラフィックが残念とかよく言われるけど…「そうか?」って感じ。

そして、「アッーー!!」←これ重要。別にホモネタではない。





5つ目は「東方自然癒」(とうほうしぜんゆ)

あの東方の二次創作。ジャンルはRPG。
草花が枯れゆく異変を解決するため、オリキャラ主人公「瀬笈 葉」(せおい は)は霊夢さんたちと冒険に出る。

登場キャラクターの多彩さが魅力の一作。キミの好きなキャラがどう出演するのか、楽しみだね。


戦闘では、キャラクターの能力やスペルをカスタマイズし、戦ってゆく。
能力強化、使用スペルカード、状態耐性…考えることはたくさんあるぞ?

隠し要素も多く、小さな発見が更なる興味を引いてくれる。

東方好きはもちろん、あまり知らない人にもオススメの作品だ。




締めの作品は「タオルケットをもう一度」。ナンバリングで何作か出ている。
ジャンルはRPG。シナリオ重視で、戦闘の作りこみはそこまで深くはない。

これねー…ヤバい。とにかくヤバい。
グロ耐性ない人はちょいと止めたほうがいいかも。
具体例?ヤバすぎてこんなとこに書けませんですの。

スターシステム」を採用している作品で、同じ名前のキャラが違う役割を持って作品ごとに登場する。


見どころは、ストーリー世界観
ストーリーは、「良い急展開」というものを見せてくれる。
ハッチャメチャなのでどう転ぶか解らず、続きが気になってしまう。

世界観は…なんというか、「マザー」にグロ表現を追加した感じ。
和やかなんだかエグいんだか…。ときおり走る恐怖。それがいい。

けれどハマってしまう不思議な魅力…。ぜひ一度プレイ推奨。おすすめは1。泣いた。
2はホントにグロ耐性無い方は止めましょう。

公開順が3→2→1→4となっているややこしい作品。
つまり、3が1作目で、1が3作目。プレイする時はこの順番でプレイしよう。








総評としては、どれもわくわくする。これ重要。
燃えないゲームなんてつまらないからね。

それと、BGM。どれも素ン晴らしい。BGMはゲームの命だぜ。
BGM無いゲームってすぐ飽きちゃうもん。



どれもオススメだから、気になった作品があったら是非プレイしてみてね。
サイト「vector」ならだいたい落ちてると思うよ。
ゲーム名で検索してもいいかも。

ちなみにツクール作品が多いので、「ツクールランタイムパッケージ」というものも一緒に落としてね。
ツクール作品を遊ぶための専用ソフトなんだ。こちらも無料だから安心してね。

長くなってごめんねー。
次は他のジャンルを紹介するね!

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T3] まとめtyaiました【今日はフリゲを紹介しよう】

おはようー!ミュレアだよー!みんなー就職活動、頑張ってるかな?私は…半年後からだねー 上手くできるかな~どんなことするか調べとくといいかもだねー昨日登校中、盲目の人と出...
トラックバック URL
http://myumyu21.blog.fc2.com/tb.php/25-5d211946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

プロフィール

ミュレア

Author:ミュレア
ミュレアですよろしく!(*゚▽゚*)
このブログでは、TCG-遊戯王、ヴァンガードなどを中心に話を繰り広げていきます。

ゲームも好き。TVゲームはぼくも御多分にもれずくわしいですからね…(キリッ
ツクールでツクったゲームを置いてあるので、興味あったらプレイしてみてください!お願いします!

スーファミ世代兼スーファミ信仰者。個人的神ゲーは「ルドラの秘宝」。
ついでに自他共に認める東方厨。➈が嫁。

のんびりマイペースに更新しまーす。

最新記事

来客カウンタ!!

チャチャチャチャッチャッチャッチャーン
ブログの えつらんすう が 1上がった!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。